木製建具施工士

  • HOME »
  • 木製建具施工士
『木製建具施工士』とは、施工現場における安全とコンプライアンスを確保するスペシャリスト資格です。
-全国で現在516名の資格者が誕生しています。-

●施工現場における安全性が求められる時代

平成28年12月に、工事現場で働くすべての人達の安全・健康を確保し処遇改善・地位向上を図る「建設工事従事業者の安全及び健康の確保の推進に関する法律(建設職人基本法)」が臨時国会で可決成立し、平成29年3月に施行されました。
施行現場における安全が求められる時代背景があります。

●一般社団法人全国建具組合連合会・会員のための独自の認定資格

『木製建具建具施工士』は、一般社団法人全国建具組合連合会独自の認定資格です。
東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、関連工事や国が促進する木質化による建設工事の増大化が予想されます。
当会におきましても、建具施工現場における安全性・コンプライアンスを確保するスペシャリストを育成し対応するために創設されました。

木製建具施工士

●第1期は、全国で516名の有資格者

平成28年11月~4月の約半年間で516名の資格者誕生しています。

●建築業界を代表する講師陣

建設業労働災害防止協会 技術管理部 安全管理士 水野健介氏
公益社団法人日本建築士会連合会会長 三井所清典氏
一般社団法人全国建具組合連合会技術委員長 石山孝次郎氏

●第2期は平成30年4月以降の予定

●合格者には認定書、施工士カードを発行します。(カード有効期限3年)

木製建具施工士
木製建具施工士
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 全国建具組合連合会 All Rights Reserved.