「見て!食べて!体験しよう!組合まつりinTOKYO~技と味の祭典~」が12月18日(水)、19日(木)、東京国際フォーラムホールEで開催されます。本イベントは東京都中小企業団体中央会が主催、「中小企業世界発信プロジェクト2020」の一環として、東京をはじめ全国各地の中小企業組合が集結し、日本の産業を支えている多彩な産業の普段接触することが難しい現場の人たちや優れた職人の技術やものづくりのノウハウを一堂に見ることができます。製品を手にしたり、ものづくりを体験することができ、そして全国の地域の名産品の展示販売、試食・試飲を来場者に体験してもらう機会となります。
 都内はもとより全国の中小企業組合から出展を募り、組合の知名度の向上、新たなビジネスチャンス・ビジネスマッチングの創出や、地域の魅力発信、インパウンド需要獲得等の場として開催する全国一体の展示会となります。入場料は無料(登録制)です。今回の出展規模は前回(平成31年度1月30日・31日開催/118社)を上回る約130社を予定、なお昨年の来場者数は約6000人で前回を上回る来場者数が予想されます。
 出展カテゴリは次の通りです。
 ①モビリティ(車と人の未来を支えるモビリティ)
 ②ものづくり(世界が注目 日本のものづくり)
 ③くらし(くらしのニーズに発見がある)
 ④アミューズメント(楽しいワクワクで世界に笑顔を)
 ⑤伝統工芸品(次世代へつなぐ日本文化の伝統と継承を世界に)
 ⑥食品(安全と安心の食との出会いを体感)
 ⑦伊豆・小笠原諸島(東京の島々の魅力が大集結)
 ⑧経済(中小企業と都民の生活をサポート)
 ⑨全国物産(ご当地自慢の逸品たちが大集結)

◎会期 令和元年(2019年)12月18日(水)10:00〜19:00・19日(木)10:00〜17:00

◎開催場所 東京国際フォーラム ホールE (東京都千代田区丸の内三丁目5番1号)

◎入場料 無料(登録制)

 建具関係団体からは東京建具協同組合、神奈川県建具協同組合が出展します。ぜひご来場ください。
 ※事前に入場登録をお願いいたします。
組合まつりin TOKYOの入場登録はこちら