一般財団法人建設業振興基金による「建設キャリアアップシステム」の最新情報をまとめた「建設キャリアアップシステム通信」第23号によると、5月末現在で技能者登録数26万4千人、事業者登録5万1千人に達したことが記されています。

その登録手続きを行ううえで、申請書類の受付、審査、登録まで一貫して担う認定登録機関が全国で稼働中です。全国建設労働組合総連合傘下の組合の本部・支部が運営しており、6月1日現在、全国170箇所開設され稼動し、2020年度中に計300箇所の開設を目指していることが記されています。窓口で申請用紙の記入の間違いを確認し書類不備の事項にオンタイムで対応し登録のシステムへの打ち込みを各事務所で実施するので登録完了まで早く進みます。
新規登録が早くて安心の登録窓口が全国で稼動することで、より迅速な申請登録を行い、一層の普及を目指しています。

申請を目指す技能者、事業所の方は下記の建設業振興基金専用窓口一覧(6月1日現在)で最寄りの窓口をご確認いただき、事前にお電話で予約の上、ご来訪ください。
全国の建設キャリアアップシステム申請窓口リストはこちら