(一社)全国建具組合連合会ならびに三重県建具工業協同組合が主催する全国建具フェア三重大会開催まで、あと約1週間となりました。

今年は節目となる50周年全国建具展示会記念事業。三重県いなべ市の資料館からお借りした古き良き時代「明治・大正・昭和初期」の懐かしい生活道具に使用された木工製品の展示や、未来を担っていく、津市立美里中学校の生徒の方々に製作していただいた行燈の展示をするなど企画も盛り沢山ご用意しています。

三重県は豊かな自然、歴史文化、海山の幸に恵まれていることから「美し国(うましくに、と読みます)」と言われています。大会テーマは「美し国・三重で感じる木のぬくもり」。
皆様に展示会だけでなく、その自然豊かで美しい風景やグルメなども満喫していただきたい、という願いが込められています。

「世界に誇る技日本の技・TATEGU」が大会スローガン。今年も全国から匠の組子技術で作られた作品から、次世代を感じさせる作品まで出品されます。作品は審査員による厳選な審査が行われ、最高位には内閣総理大臣賞が受賞されます。皆様、日本屈指の建具作品を是非ご覧ください。

大会日程
平成28年6月17日(金)13:00~17:00
平成28年6月18日(土)10:00~17:00
平成28年6月19日(日)10:00~16:00

会場
メッセウイング・みえ 三重県津市北河路町19-1
会場へのアクセスはこちらをクリックしてご覧いただけます。