中部森林管理局(宮澤俊輔局長)はこのほど「ブランド材を用いた新空間デザインコンペ」のデザインコンペの作品募集を開始しました。共催は長野県、協賛は木曽官材市売協同組合。応募締め切りは令和元年9月8日(日)必着となります。
 本デザインコンペはブランド材の新需要のPRとして企画され、オフィスや住宅における新空間を創出するデザインを募っています。
 主催側の提示した一般的な流通寸法の製材品を使用して、非住宅空間向けまたは住宅空間向けのパーティション、事務所会議室または住宅玄関の内装を自由に作品をデザインしてもらうもの。
 審査ポイントはこれまでの伝統的純和風なブランド材の用い方とは異なる優れた設計やデザインであって、低コストで製作可能なものが要望されています。
 全作品から審査を行い優秀作を決定し、グランプリ(中部森林管理局賞)1点を選定し
協賛者からの副賞として10万円を贈呈します。
 このほか社会人の部と学生の部に分け審査を実施し、社会人の部の優秀賞1点、部門賞4点、入選作を若干数選定します。学生の部は優秀賞1点、奨励賞を若干数選定。
 社会人の部と学生の部、共に優秀賞には協賛者からの副賞5万円が贈呈されます。このほか応募内容に応じて審査員特別賞を設ける予定もあります。
 優秀作品は表彰されるのをはじめ中部森林管理局で採用したり、諸条件を満たした優秀作は木曽郡上松町新庁舎で採用します。
主催の中部森林管理局では「全国建具組合連合会の会員にも奮って作品をご応募頂きたい」と呼びかけています。
 お問い合わせ「ブランド材を用いた新空間デザインコンペ事務局」
 電話026-236-2681 メールアドレス c_shigen@maff.go.jp

デザインコンペ告知(中部森林管理局HP・6月19日付)

またQRコードでもホームページへ簡単に行けます。