2020年3月21日の世界木材デーにちなんで、国際的な木材イベントが東京の2会場で開催されます。「ワールド・ウッド・デー2020東京 ウッドレガシー 木の総合文化展」は2020年8月開催の東京オリンピック・パラリンピックの開催年を盛り上げる木の文化の祭典です。

WWDF(ワールド・ウッド・デー基金会)とIWCS(国際木文化学会)、ワールド・ウッド・デー2020東京実行委員会の主催により、2020年3月17日~22日開催します。ワールド・ウッド・デーは100国以上から専門家と職人が集まり、木材と持続可能な未来を促進する文化的なイベントです。2013年に第1回開催。世界を巡り本年はオーストリアで開催、2020年の東京会場で第8回目となります。
このほど東京大会の専用ぺージ(仮)も設置されました。

2020年3月17日(火)~19日(木)会場・東京流通センター(TRC)
〈PARTⅠ ワールド・ウッド・デー2020 木の文化祭〉

IF展示室は国内外の参加者による大型作品の制作や展示品及び一般社団法人木の総合文化・ウッドレガシー推進協議会の出展をはじめとする企業展示などが展開されます。2F展示室には「お祭り広場」が設定され、音楽演奏や様々なパフォーマンスやワークショップが展開されます。またその周囲では小型作品の制作・展示や伝統工芸や木育の実演や食文化を楽しむコーナーも出現する予定です。専門家からご家族連れまで、どのような方々にもお楽しみいただける「木の文化祭」を目指しています。

2020年3月20日(金・祝)~22日(日)会場・文京シビックセンター
〈PARTⅡ ワールド・ウッド・デー2020 木の音楽祭〉

大ホールでのコンサートのほか小ホールや展示会室等の全館施設をフル活用して各種展示。伝統工芸、木育、ワークショップ、シンポジウムなどが展開されます。3月21日は「ワールド・ウッド・デー」また「国際森林デー」でもあるので、記念式典&スペシャルコンサートを挙行します。

東京都内の2会場で開催されるワールド・ウッド・デーのイベント、いずれも木材関係者にとって東京五輪年の開催と相まって幅広く注目できる展示内容となっています。
(一社)全国建具組合連合会もこのワールド・ウッド・デー2020東京の両イベントの成功を目指し協力していきます。全国建具のこのHPからも来年3月の開催に向けて催事内容など開催の最新情報を随時情報発信していきます。よろしくお願いいたします。

ワールド・ウッド・デー2020東京HP(仮)はこちら

※当HP脇のグリーンのバナーからもエンターできます。