5回目を迎える「ウッドデザイン賞2019」募集が始まります。募集期間は2019年6月20日(木曜日)~7月31日(水曜日)。
 ウッドデザイン賞は、木の良さや価値を再発見させる製品や取組について、特に優れたものを消費者目線で表彰する顕彰し、木材利用を促進する顕彰制度です。建築、木製品、取組、技術・研究等、木材利用促進につながるすべてのモノ・コトを応募対象としています。
 本アワードの主催はウッドデザイン賞運営事務局<特定非営利活動法人 活木活木(いきいき)森ネットワーク、公益社団法人 国土緑化推進機構、株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所> 
 本アワードは林野庁補助事業として行われます。

 応募対象は森林・林業・木材産業関係者、建築・住宅・家具インテリア産業関係者、設計士、デザイナー、クリエイター、施設・店舗のオーナー、小売・流通事業者、メディアなど、木づかいを推進するすべての方が応募対象者となります。建築・空間、木製品、取組、技術・研究など木材利用促進につながるあらゆるモノ・コトが応募できます。
 日本は戦後造成した人工林が本格的な利用期を迎えており、適正な森林整備を進めていくために国産材の積極的な利用促進が必要となっています。本「ウッドデザイン賞」は、木の良さや価値を再発見できる製品や取組について特に優れたものを消費者目線で評価し、表彰する顕彰制度として木のある豊かな暮らしが普及・発展し日々の生活や社会が彩られ、木材利用を図るために設定されました。

 第1次審査、第2次審査を通過した対象には「ウッドデザイン賞」が付与されます。
 
ウッドデザイン賞受賞作品の中から、最終審査を経て、最優秀賞、優秀賞、奨励賞、特別賞が選出、表彰されます。また特別賞「木のおもてなし賞」では日本の「木の文化」の国内外への発信、来日観光客等に向けた木のおもてなしにつながる優れた建築・空間、木製品、取組等に対して表彰します。
 なお応募〆切後につきましては、書類による1次審査、審査委員会による2次審査を経て、10月下旬に受賞作を発表。11月下旬に最優秀賞等上位賞を発表、12月5日(木)東京ビッグサイトで開催される「エコプロ2019」にて表彰式が行われる予定です。
 入賞作品は「ウッドデザインマーク」を使用できるとともに、受賞作品を掲載した「ウッドデザインコンセプトブック」制作・配布、各種展示会への出展等により幅広くPRされます。
 ウッドデザイン賞運営事務局では建具業界に本アワードへの応募を呼び掛けています。

表彰部門は次の通り。
●ライフスタイルデザイン部門
木を使って暮らしの質を高めているものが対象

●ハートフルデザイン部門
木を使って人の心を豊かにし、身体を健やかにしているものが対象

●ソーシャルデザイン部門
木を使って地域や社会を活性化しているものが対象

 最優秀賞(1点)
優秀賞(数点×3部門)
奨励賞(数点×3部門)
「木のおもてなし」賞(特別賞)(数点)(全部門より)
ウッドデザイン賞(入賞)二次審査を通過したものすべて

応募期間2019年6月20日(木)~7月31日(水)
ウェブサイトからの応募のみ 当日送信有効

応募問い合わせ先:ウッドデザイン賞 応募事務局
問い合わせ専用メールアドレス:info2019@wooddesign.jp

 ウッドデザイン賞 詳細ページ